お仕事スキル、高めませんか?

このサイトで学べることは?

【例題付き】フェルミ推定とは?誰でもわかる流れとコツを解説

ヘタレモンスター
ヘタレモンスター

うーーーーん。

まおすけ
まおすけ

どした?

ヘタレモンスター
ヘタレモンスター

いや、上司から日本の電柱の数を出せって言われちゃって。。。
でも、そんな資料見つからないし、、、

まおすけ
まおすけ

あーなるほど。そりゃ悩むな。
そういう時はフェルミ推定を使うといいで。

ヘタレモンスター
ヘタレモンスター

フェルミ推定?

まおすけ
まおすけ

一言でいうとざっくり計算することやな。
よし、今日はそのへん教えたろ。

この記事のメリット
・フェルミ推定とは何かがわかる
・フェルミ推定の流れがわかる
・フェルミ推定に必要な力がわかる
・フェル推定をする際のコツ、留意点がわかる

ということで、今回はフェルミ推定の説明です。
色んな場面で使うことができる便利な考え方です。

それでは説明していきます!

スポンサーリンク

フェルミ推定とは

フェルミ推定とは、

わからないことを論理的に概算すること

です。

ビジネスにおいて、意思決定をするための数値情報が全て揃っていることはめったにありません。
そんな中で、素早く数値を求めたい時に役立つのがフェルミ推定です。

フェルミ推定のポイントと例題

まおすけ
まおすけ

フェルミ推定のポイントと例題を見ていくで!

フェルミ推定のポイント

まず、フェルミ推定のポイントは以下の5つです。

(1)仮説を立てる
(2)問題をいくつかの要素に分解する
(3)既知のデータを活用する
(4)各要素の推定量を決定(算出)する
(5)計算する

このポイントについて、例題と共に見ていきます。

フェルミ推定の例題

まおすけ
まおすけ

それぞれの問題について、ポイントごとに説明するから、流れを意識してな!

マンホールの蓋

問題
東京都の上下水道のマンホールの数は?

(1)仮説を立てる
マンホールの数は上下水道が普及している世帯数に比例する

(2)問題をいくつかの要素に分解する
・東京の人口
・1世帯当たりの人数
・上下水道の普及率
・マンホール1つ当たりの世帯数

(3)既知のデータを活用する
東京の人口は約1300万人

(4)各要素の推定量を決定(算出)する
1世帯当たりの人数は、都会は1人暮らしも多いので2人とする。
上下水道の普及率は100%。
マンホール1つ当たりの世帯数はざっくり10世帯と考える。

(5)計算する
東京の世帯数は「1300(万人)÷2(人/世帯)=650(万世帯)」。
上下水道が普及している世帯数は「650(万世帯)×100%=650(万世帯)」。
よって、マンホールの数は「650(万世帯)÷10(世帯/個)=65万個」。

電柱の数

問題
日本の電柱の本数は?

(1)仮説を立てる
電柱の数は電柱が立っている国土面積に比例する

(2)問題をいくつかの要素に分解する
・電柱が立っている土地の面積
・面積あたりの電柱の本数

(3)既知のデータを活用する
日本の国土面積は約40万平方キロメートル

(4)各要素の推定量を決定(算出)する
電柱が立っている土地の面積について、
日本は山岳地帯が多いので、国土の半分は電柱がない地帯と考えてみる。
日本の国土面積は約40万平方キロメートルなので、その半分は20万平方キロメートル。

面積あたりの電柱の本数は、
道端の電柱を想像すると50平方メートルに1本は電柱がありそう。
なので1000平方メートル、つまり1キロ平方メートルあたりは200倍で200本ある。

(5)計算する
20万(平方キロメートル) × 200(本) = 4,000万本
従って、日本には約4,000万本の電柱があると推定できる。

映画市場のポップコーン売上

問題
映画市場におけるポップコーンの売上金額は?

(1)仮説を立てる
映画市場のポップコーン売上は、ポップコーンを買う人の数と平均単価に比例する

(2)問題をいくつかの要素に分解する
・映画館の述べ入場者数
・ポップコーンを買う人の割合
・ポップコーンの平均単価

(3)既知のデータを活用する
映画館の入場人員は述べ1億9000万人

(4)各要素の推定量を決定(算出)する
映画館の述べ入場者数は、データにより1億9000万人
ポップコーンを買う人の割合は、周りを見ていると大体5人に1人
ポップコーンの平均単価は400円

(5)計算する
1億9000(万人) × 1/5 × 400円 = 152億円

 

このように、それらしき数値を当てはめてざっくりと計算していくのがフェルミ推定です。

それでは次に、フェルミ推定に必要な3つの力を解説します。

フェルミ推定に必要な3つの力

まおすけ
まおすけ

次に、フェルミ推定に必要な力を解説するで!

フェルミ推定に必要な力は以下の3つです。

1.論理的思考力
2.仮説構築力
3.知識の量

詳しく解説していきます。

論理的思考力

1つ目は論理的思考力です。

求めたい数値を式に分解するのに必要なスキルです。
また、この際考え漏れがあるといくら個々のデータが正しくとも適切な数値は出ません。
ロジカルシンキングとも言われます。

ロジカルシンキングについては、こちらの記事をどうぞ。

仮説構築力

2つ目は仮説構築力です。

確実に正解と言えるデータが手に入らない中で、
似たようなケースから類推したり何らかの条件を置いたりしながら、
こうすれば実態に近い値が求められるのではないか、という仮説を立てる能力です。

この仮説構築力が高いほど、速く、正確な推定が行えます。

知識の量

そして3つ目は、当該分野に関する知識の量です。

これが多ければ多いほど、推定のスピードや精度に差が出てきます。

例えばポップコーンの例で言えば、映画館の述べ入場者数は1億9000万人でした。
この知識があるのとないのとでは推定スピードや精度が違います。

その他、下記のような知識を知っておくとフェルミ推定に役立ちます。

人口:1.2億人
世帯:5,000万世帯
国土面積:約40万平方km
平均寿命:80歳
労働力人口:約6,000万人
1年に産まれる子供の数:約100万人
大学進学率:約50%
大企業の数:1.2万社
中企業の数:420万社

フェルミ推定のコツ、留意点

まおすけ
まおすけ

最後にフェルミ推定のコツ、留意点や!

クロスチェックをする

クロスチェックとは、別の式によってフェルミ推定を行い、
算出された値が最初の推定値に近いかどうかを確かめることです。

フェルミ推定はこの式とこのデータ求めるべきという正解がありません。
推定値は様々な計算式や数値から考えることができ、
何パターンか求めてクロスチェックすると精度が高まります。

精度を考える

求められる精度は推定の目的や与えられた時間によって変わります。
不確実な要素が大きい場合の精度の判断基準の一つは、複数算出した推定値の”桁”が合っているかです。

例えば新規事業の市場規模が計りにくい場合、
最初の推定で1000億円別の推定で3000億円であれば、1000億から3000億の間で推定値を設定すれば良しとします

他人の意見を取り入れる

精度を高めるために異なる意見や知識を持つ人と多様な視点で考えると良いです。
思い込みや先入観を排除できクロスチェックの役割を果たすからです。

フェルミ推定は集合知の成果が出やすい考え方とも言えます。

フェルミ推定のまとめ

ヘタレモンスター
ヘタレモンスター

へー、ざっくり計算でいいんだね。

まおすけ
まおすけ

そやな。大体の方向性がわかればいいなら、これで十分や。
ただし、最初にどれくらいの精度が必要かは必ず確認しとくんやで。

ヘタレモンスター
ヘタレモンスター

わかった!よし、じゃあ張り切って電柱の数を計算するよ!

まおすけ
まおすけ

(電柱の数の計算とか、なんかこいつ干されてる気もするけど、まあ黙っとくか。。。)

今回は、

・フェルミ推定とは何か
・フェルミ推定の流れ、ポイント
・フェルミ推定に必要な力
・フェル推定をする際のコツ、留意点

を解説しました。

不確実な数値を短時間で論理的に概算できるフェルミ推定。ぜひ仕事の中で活かしていきましょう。

それではっ!

フェルミ推定を学習されたあなたへ

フェルミ推定を勉強されるようなあなたは、学習意欲が高い方だと思います。

そんなあなたにオススメできるサイトを紹介した記事です。よければ、併せて御覧ください。

参考書籍


現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート――「6パターン・5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける!


地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」


文庫 フェルミ推定力養成ドリル (草思社文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました