エクセルで別々にウィンドウを開くと効率が爆上がりする話

アイキャッチ

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!

皆さん、エクセルで作業をしていて、

Aのシートを見ながら、同じファイルのBのシートを操作したくなることありませんか?

こんなとき、いちいちシートの表示を切り替えながら操作すると、とても時間を食います

じつはこれ、同じファイルを別々のウィンドウで開くと解決できます。

ということで、今回は同じファイルを別のウィンドウで開くテクニックと、

それにまつわるショートカットを紹介していきます!

(注意:画像はエクセル2013のものです)

同じファイルで別々のウィンドウを開く方法

ウィンドウを開く方法

やり方はとっても簡単です。

表示タブの「新しいウィンドウを開く」を押すと、同じファイルだけど、2つ目のウィンドウを開くことができます。

エクセルで新しいウィンドウを開くの場所

うまくいくと、ウィンドウの上に出ているファイル名の右に「:1」とか「:2」が付くので、確認してください。

複数ウィンドウを開くと、ファイル名の右に数字が出てくる

見た目は2つですが、同じファイルなのでどちらかを変更すれば、当然もう片方も変更されます。

複数ウィンドウで操作すると、片方を変更すればもう片方も変更される

これを使って、別々のシートを表示させておけば、Aのシートを見ながらサクサクBのシートを操作出来ます。

複数ウィンドウでAのシートを見ながらBのシートを編集する

ちなみに「新しいウィンドウを開く」を押しまくればたくさんウィンドウが開きますが、あまり増やしすぎると逆に作業効率が落ちますので、そのあたりは適度に。

ショートカットキー

ショートカット

より効率的にするために、ショートカットも覚えちゃいましょう。

「新しいウィンドウを開く」のショートカット

「新しいウィンドウを開く」のショートカットは

Alt → W →N(順番に押す)

です。

自分はアウンって覚えてます。エロい声じゃないですよ。阿行吽形の阿吽(あうん)です。

2つ出てくるイメージで覚えましょう。

ウィンドウ操作のショートカット

エクセルのショートカットではないですが、併せて覚えると便利なショートカットをご紹介。

Windowsキー + 矢印キー

です。

(Windowsキーってコレ↓です。)

Windowsキーの画像

ショートカットを細かく説明すると、

①Windowsキー + ↑  :ウィンドウを最大化

②Windowsキー + ↓  :ウィンドウを最小化

③Windowsキー + ←  :左側にウィンドウを固定

④Windowsキー + →  :右側にウィンドウを固定

となります。

このうち、

③Windowsキー + ←  :左側にウィンドウを固定

④Windowsキー + →  :右側にウィンドウを固定

を使って、1つを左にもう1つを右に寄せちゃいましょう。

こんなふうにいい感じに並んで、編集しやすくなります。

Windowsショートカットを使って、ウィンドウを左右に並べている図

縦に並べたい!って人は、人力で頑張ってください(投げやり)。

おまけ。マルチディスプレイの方へ

もしあなたがマルチディスプレイ(2つ以上ディスプレイを使うこと)の場合は

Windowsキー + Shift + →

とか、

Windowsキー + Shift + ←

を押すと、ディスプレイ間で簡単にウィンドウを移動できますので、試してみてください!

まとめ

まとめ

・1つのファイルを別のウィンドウで表示する方法

・それにまつわるショートカット

のご紹介でした。

知っているのと知っていないのとでは大きな差が生まれますので、ここで使える!って思った時は、ぜひとも「アウン」のショートカットを思い出してください。

その他のエクセルを使った業務効率化について知りたい方はエクセルの目次へどうぞ。

このブログの目次
(随時更新)<ショートカット>このブログのメインコンテンツ。覚えれば覚えるほど人生変わります。<エクセルにまつわるエトセトラ>エクセルにまつ...

************編集後記***************

晩飯に油そばを全力で食べて帰ったら、ヨメに

「唐揚げ臭がする」

と言われ避難されました。

マジでスマン、ヨメ。

*******************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする