80%削っても困らない!薄い財布から学ぶ効率化

アイキャッチ画像

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!

皆さん、パレートの法則って知ってますか?

とても有名な法則なので名前くらいは知ってるかも知れませんね。

今回は、このパレートの法則と自分の体験を交えて、生活や仕事の見なおし方を解説しています。

読んでもらうと、あなたの仕事や生活が楽になるかもしれません。

パレートの法則

パレートの法則を示す画像

パレートの法則というのは、

全体の80%は20%の要素が生み出している

という法則です。80:20の法則とも呼ばれています。

例をあげると、

・売上の8割は顧客の2割が占めている

・故障の8割は部品のうちの2割が原因

・試験問題の8割は全体の2割の知識で答えられる

という感じです。

本当に重要なものって2割くらいなんです。

財布を買いかえて無駄が減った話

最近、このパレートの法則を実感する出来事がありました。

最近まで何でも入る大きくて重い財布を使ってたんですが、たまたまネットでみかけた財布に一目惚れして買い換えました。

コレです。

薄い財布(ダンボーVer.)の画像

http://superclassic.jp/?pid=61202

abrAsusの薄い財布。ダンボーVer。
(ダンボー:「よつばと!」というマンガに出てくる、ゆるいキャラクター。)

この財布、とにかく薄い。ケツポケに入れてるのを余裕で忘れるくらいに。

で、薄いだけあって容量がかなり制限されてます。

特に小銭は入れる場所も狭くて、小銭の出し入れは本当に苦労しました。

入る枚数もMAX15枚なんで、ちょっと油断すると一瞬であふれる。

うーん、失敗したかなぁ・・・・とか思ってたんですが、人間慣れればなんとかなるもんで、今や全然不便は感じません。

っていうか、むしろ快適。

前はポイントカードから、たまに使うクレジットカードまで全部入れてたんですが、薄い財布は容量が制限されてるので、本当に必要なものだけ入れる必要があります。

なので、旧財布の2割くらいを新らしい財布に移して生活してみたんですが、全然不便を感じない

かなり無駄なものを持ってたんやなぁ、って思いました。

まさにパレートの法則です。

パレートの法則を生活に当てはめると

皆さんも一度自分の生活に当てはめて、無駄がないか考えてみてください。

コツは「何かあった時に必要」という考えを捨てること。

”何か”があった時にそれは本当に必要ですか?

その”何か”が起こる可能性はどれくらいですか?

必要だったとして、手元にある必要はありますか?

“何か”が起きた時にすぐに対応できませんか?

手近なもので代替できませんか?

こんなふうに考えていくと、今はいらないなぁと思うことが必ず見つかります。

自分の場合は、財布の買い替えがまさにそれでした。

パレートの法則を仕事に当てはめると

仕事でも話は全く同じです。

仕事の効率化を考えるときも、これ本当に必要?と考えることから始めてください。

そして”無駄かも”というものが見つかれば、もっと簡単にできないか、またはやめることができないか考えてみてください。

”今あるものを簡単にする”のも効率化ですが、”必要ないものは捨てる”のも立派な効率化です。

自分の場合は、まず無駄に持ってた蛍光ペンとか一掃しました。

そのほかには、PCのデスクトップにある無駄ファイルをす捨て、よかれと思って習慣にしてたけど全く活用してなかったログ管理(自分の行動記録を取ること)をやめるなど、色んなものを断捨離しました。

捨ててしまって困ったことは未だにありません。

最初は慣れてなくて、必要なものを切り捨ててしまって、ちょっと苦労してしまうかもしれません。でも、それを繰り返すことによって本当に重要なものを見分けることができるようになります。

無駄なものは持っているだけで重荷になったり、管理のコストがかかったりして、良いことはありません。

自分を継続的に見なおして本当に必要なものを残すようにしていくことで、あなたの人生はどんどん楽になっていきます。

まとめ

まとめのアイキャッチ画像

今回はパレートの法則から見る、自分の生活や仕事の見直しについて書いてみました。

偉そうに書いておいて、自分もまだまだ無駄なことをしていると思います。

継続的に自分を見なおして、人生を楽に生きていこうと思います。

************編集後記***************

このブログではショートカットを紹介しまくってるけど、きっと必要ないものもいっぱい紹介してしまってると思うので、さらに必要なもののみに絞って、本当に皆さんのお役にたてるショートカット一覧になるようにしようと思います。

*******************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする