恐ろしい潜在力を秘めるTab(タブ)キーの超活用法

Tabのアイキャッチ

突然ですがあなたはTab使ってますか?

そう、キーボードの左端にいるちっちゃいキーです。

「いつ、どうやって使うのかよくわかんねーし、どーでもいい(鼻ホジホジ)」

というあなたはとても損をしています。

これからこの記事で説明する使い方を、今後のPC操作で1つでもいいので取り入れてください。

PC操作のスピードが、見違えるくらいに速くなることをお約束します。

ということで、今回はTabの使い方を解説していきます。

Tab単独で使う編

単独

エクセルの横移動

まず、このブログのメインであるエクセルでのTabの活用法です。

エクセルのデータを入力するときに、右に向かって順番にデータを打ち出すことがよくあります。

大半の人は文章を打つ時のクセで、1つデータを入力し終わるとEnterを押してしまいますが、エクセルではEnterを押すとカーソルが下に移動してしまいます。

そこから右にデータ入力するためには、いちいち矢印キーやマウスでカーソルを移動させなければなりません。

ちょーめんどくさい。

ここでTabさんが大活躍。

いつもならEnterを押すところを、意識してTabを押してください。

Enterを押すと下にカーソルが移動するところ、Tabを使うとカーソルが右に移動します。

エクセルでtabを使って横移動

これで矢印キーやマウスを使うことなく、そのままサクサクと右に入力を続けることができるんです。

「え、そんだけ?」

と思うかもしれませんが、積み重なるととても大きな差となってあらわれます。

Enterばかり使ってる人はぜひ活用してください。

あなたの作業時間が必ず短縮されます。

エクセルのオートコンプリート機能

エクセルさんはとても頭がいいので、関数を直で入力しようとすると途中で予測変換してくれる機能(オートコンプリート機能)があります。

このオートコンプリート機能を使う時も、Tabを使うと入力がとても楽になります。

例えば「CONCATENATE」という長い関数があるんですが、これを直打ちしようとすると、「=CON」のあたりで賢いエクセルさんが

「これかな?それともこれかな?」

って感じで候補を表示してくれます。

ここで↓を押して入力したい関数を選んでTab を押すと「=CONCATENATE(  」まで一気にエクセルさんが入力してくれます。

エクセルのオートコンプリート機能の説明

関数の入力がとても楽になるので、ぜひ活用してください。

項目間の移動

例えばドキュメントフォルダを開いている時に、マウスを使わないとフォルダを選択できないと思っていませんか?

こういうときこそTabの出番です。

いちいちマウスに手を伸ばす必要はありません。

Tabを使って次の項目にサクッと移動してください。

TABを使ったフォルダ選択範囲の移動

その後のフォルダの選択については、この記事をぜひご覧ください。

併せて使うようにすれば、恐ろしくPCの操作スピードが上がります。

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです! 突然ですが、PCでこれをご覧になってる皆さんに問題です。 何でもいいのでデスクトップに...

ちなみにShift + Tabで逆に移動できるので、ついでに覚えておいてくださいね。

入力フォームの移動

たくさんある入力フォームを次々と入力していく時にもTabが大活躍します。

たとえば時刻表検索のジョルダンにはこれだけの入力場所があります。

ジョルダンの選択範囲の画面

これを入力するときに

出発場所を入力

マウスを使って到着場所をクリック

→到着場所を入力

マウスを使って日時をクリック

→日時を入力

マウスを使って「出発」や「到着」をクリック

マウスを使って「検索」をクリック

なんて、いちいちマウスを使うのはすごく時間の無駄です。

ということで、ここでもTabですよ、奥さん。

Tabを押すと入力する場所が次々と切り替わるので、マウスを使うことなくサクサク入力が進みます。

つまり、

出発場所を入力

Tab

→到着場所を入力

Tab

→日時を入力

Tab

→矢印キーなどを使って「出発」や「到着」を選択

Tab

→「検索」まで来たらEnter

でサクサク入力ができるんです。

ちなみに日時のようにプルダウンになってる場所は↑や↓で選んでもいいですし、数字を直接打ち込んでもOKです。

(22日を選びたかったら、「22」と入力すれば一発です。)

ジョルダンのプルダウンを↓や数値直接入力すると速い

「出発」「到着」「始発」「終電」のところは→や←で移動できます。

ジョルダンの選択画面で←や→で選択する方法

ちなみに今回の例では出てきませんでしたが、チェックマークを付けるところについては、Spaceでつけることができます。

「チェックマークを付けるところ」って、エクセルで言うとこんなところです。

Spaceでチェックマークを付ける図

入力→マウスを使ってカーソル移動→入力マウスを使ってカーソル移動・・・

の操作は本当に時間の無駄なので、このテクニックは覚えると本当に役にたちますよ。

Tabを使ったショートカット編

ショートカット

ここからはTabを使ったショートカットです。

Alt + Tab

超有名なショートカットですね。

プログラム間の切り替えをサクサク行うためのショートカットです。

この記事で詳しく説明してます。

皆さんおはこんばんちは!まおすけです!皆さん2つ以上ブックを開いている時に、いちいちタスクバーから選んで切り替えてませんか?↓「タスクバーか...

プログラムの切り替えを行わない日はほぼないと思うので、このショートカットはぜひ覚えてください。

慣れてしまうと、マウスを使ってプログラムを切り替えるのがバカらしくなってくるくらいにサクサク操作ができるようになります。

Ctrl + Tab

タブを瞬時に切り替えることができるショートカットです。

タブってこんなやつです。

タブの例2

ルーズリーフのインデックスみたいな役割ですね。

で、このタブがついているところであれば、ほぼ100%このショートカットを使うことができます。

いちいちマウスでクリックしに行かなくて良いので、時間も短縮できて疲労も溜まりにくくなりますよ。

ちなみにこいつもShiftを足して押すと(CtrlShift + Tab)逆回転できますので、ついでに覚えておきましょう。

ちなみにエクセルにおいては、ブック間の移動として使えます。

繰り返しですが、詳しくはこの記事をご覧ください。

皆さんおはこんばんちは!まおすけです!皆さん2つ以上ブックを開いている時に、いちいちタスクバーから選んで切り替えてませんか?↓「タスクバーか...

まとめ

まとめ

今回はTabを使った便利な操作のご紹介でした。

Tabを使えるか使えないかで、あなたの今後の人生が変わります。

一回一回は大した差ではないけれど、積み重なればとても大きな差になるからです。

今回の記事のうち1つでもいいので、ぜひあなたのPC操作に取り入れてください。

************編集後記***************

ここ最近ブログの更新が途絶えてますが、忘れたりネタ切れしてるわけではないんです。

マクロの勉強したり、コピーライティングの勉強したりしてて、こちらの時間が取れないのが理由なんです。

でも、この勉強が進んだら、さらに役立つ情報をうまく届けられるようになると思うので、頑張ります。

*******************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする