「名前をつけて保存」のエクセルショートカット

名前をつけて欲しそうにこちらを見てる猫

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!

皆さん、エクセルの作業をしていて、

いつのまにか一部のデータが消えていた

という経験はありませんか?

今回はそんな事態に備えるための、とても便利なショートカットをご紹介します。

今回紹介するショートカットはこれだ!

ショートカットキー

F12

機能

名前をつけて保存  

ランク

S+  

解説

解説をする美人チューター

正直、このショートカットは他のショートカットに比べて使う頻度はかなり落ちます。

が、ものすごく重要なショートカットです

上書き保存の重要性について、以前この記事で書きました。

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです! 今回は僕が個人的に一番大事だと思ってるショートカットのご紹介です! コレを覚えてお...

じゃあ、上書き保存だけあればいいんじゃねーの?と思われた方。

そうでも無いんです。

ありませんか?こんな経験。

頑張って作業してきたファイルをしっかり上書き保存した!

(翌日になって)さあ、張り切って続きの作業を始めよう!

・・・あれ、ここ数字が消えてる。何で?

どこか間違って消してしまったかな?元の値なんだったかなぁ。

・・・調べるのにちょっと時間がかかりそう。

昨日までは大丈夫だったし、大丈夫だった頃のファイルを参照できたらいいのになぁ・・・

これを解決するのが今回のショートカットです。

F12を押すと、いま作業しているファイルとは別のファイルとして保存ができます。

この新しく保存するファイルに「ver.2」とか名前をつけて保存すれば、

変更前のファイルと変更後のファイルが両方とも残されるので、

何かあった時に「ver.1」を参照してファイルを修復することができます。

エクセルで名前をつけて保存する際の画面

使い時

メモを取る手

普段の作業の途中は「Ctrl+S」でコツコツ上書き保存

ファイルを大きく変更したり、1日の終わりなど、何かの区切りの時には「F12」を押して別ファイルでバージョンを変えて保存

こんなふうにしておけば、何か不具合が起きたとしても速やかに復旧が可能です。

ちなみに最新ver以外のファイルは”OLD”フォルダを作って、

そこに入れておくと、どれが最新かわかりやすいですよ。

古いverのファイルをOLDフォルダに入れることを説明している図

まとめ

両手でガラケーを操作する画像

エクセル作業にミスはつきものです。

ミスの原因がすぐに突き止められればいいんですが、

ファイルが複雑になればなるほど、どこでいつミスしたのかわかりにくくなります。

そんな時にミスしてなかった頃のファイルがあると復旧が早くなって、作業の効率化に繋がります。

たかが保存と侮らずに、ぜひF12を活用してみてください。

なお、不要になった古いバージョンのファイルは削除するのを忘れずに。

どんどんPCの容量を食ってしまいますので。

________________________________________

他のエクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

皆さん、エクセルのショートカットを検索したらものすごくたくさん出てきて、どれを覚えたらいいか迷ったことありませんか?この記事では、僕が実際に...

エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!

おはこんばちは!まおすけです! エクセルで業務効率化しようと思ったら、ショートカットをつかいこなすのが第一歩です。 でも、シ...

その他のエクセルを使った業務効率化について知りたい方はエクセルの目次へどうぞ。

(随時更新)<ショートカット>このブログのメインコンテンツ。覚えれば覚えるほど人生変わります。<エクセルにまつわるエトセトラ>エクセルにまつ...

**********編集後記************

元々寒さに強いほうで、あまりコートとか手袋をしないんですが、

たまたま職場にコートを着て行ったら

「マジで!?ビックリしたわ」と言われました。

ビックリさせるくらい寒さに強いようです。

**************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする