もう嘆かない!保存しないで閉じたエクセルデータの復元方法

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!

皆さん、エクセルでファイルを保存する前に閉じてしまい、絶望に浸ったことはありませんか?

もし、「ある!」っていう人は今回の記事を是非ご覧ください。

今回は、エクセルで保存しないで閉じてしまったファイルの復元方法をご紹介。

これで万が一があっても、被害が最小限に食い止められるようになります。

概要

概要を説明する講師

結論から言うと、エクセルには一定時間毎に勝手に自動回復用データを作って保存してくれるという素晴らしい機能があります。

あなたがもしファイルを保存しないで閉じてしまった場合は、その自動回復用データにすがることができます。  

ただし!この記事を読む前に、下記リンク先の記事をまず読んでください。

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです! 今回は僕が個人的に一番大事だと思ってるショートカットのご紹介です! コレを覚えてお...

ここに書いてある内容を実行する方が全然大事なのです。

今回の記事の内容に頼るようでは、効率化とはほど遠いので注意してください。

さあ、今すぐ読みましょう。  

読みましたね?  

・・・読んでない奴いるやろ?

  少なくとも2、3人はいるはず。  

ってことで戻って読んでくださいコノヤロウ。

・・よし、そろそろ読んでくれてると思うので本題いきましょかー。  

注! エクセル2010からの機能なので、それより前のバージョンの方は、この記事を読んでも素晴らしく時間の無駄となります。

なので、そんな人は結局下記リンクの記事を熟読しましょう。

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです! 今回は僕が個人的に一番大事だと思ってるショートカットのご紹介です! コレを覚えてお...

具体的な操作

復活を願ってPC操作するおっさん

(以下の解説画像はエクセル2013のものです)

まず保存の間隔を設定!

さっき「一定時間毎に勝手に自動回復用データを作って保存」って書きましたが、

まずこの回復用データが作られる間隔を設定します。

データが24時間ごとに作られます!とかやったら、戻れたとしても24時間前とかになってそれじゃ意味ないので。  

①左上にある「ファイル」を選択して、 エクセルのファイル自動回復用の説明資料

②左下にある「オプション」を選択して、 エクセルのファイル自動回復用の説明資料

③左の方にある保存を選択して、

④「次の間隔で自動回復用データを保存する」を1分に設定 エクセルのファイル自動回復用の説明資料

これでエクセルさんが1分ごとに勝手に回復用のデータを作ってくれます。頼りになるわー。  

具体的な回復手順

やらかして、ああああああああああってなっても慌てず騒がず、画像の通りに操作しましょう。

①ファイルを開いて

 エクセルのファイル自動回復用の説明資料

②左上にある「ファイル」を選択して エクセルのファイル自動回復用の説明資料

③回復するファイルをクリック! エクセルのファイル自動回復用の説明資料 で、無事にデータが復元します。ちょろいわー。  

もしこの方法でもうまくいかなかった場合、データはポックリ逝っちゃってますので、諦めてさっさと同じファイルを作り直してください。

あと、当然上記画像の通り設定した場合でも、

1分間隔で自動回復ファイルを作るので、やらかして閉じる59秒前~やらかす瞬間までの作業は回復しません。あしからず。  

まとめ

まとめを支持する女の子

結局大事なのは、こまめに上書き保存しろよ!ってことです。

しつこいですけどそれが一番。  

万が一の時のために知っておいて損はない情報なのでご紹介しました。

皆さんがこの機能を使わないことを祈ってます。  

________________________________________

その他のエクセルを使った業務効率化について知りたい方はエクセルの目次へどうぞ。

(随時更新)<ショートカット>このブログのメインコンテンツ。覚えれば覚えるほど人生変わります。<エクセルにまつわるエトセトラ>エクセルにまつ...

************編集後記***************

冒頭の挨拶の元ネタが分かる人はきっと僕と同年代ですよね。

ってことで、バイチャ!

*******************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする