エラーなんて見たくない!エクセルでエラーを消す方法

アイキャッチn

皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!

皆さんエクセルを使っていて、

#DIV/0!

とか

#VALUE!

とか出てくるのを見たことありませんか?

これはいわゆるエラーで、エクセルさんが

「ゼロとか空白で割ってんじゃねーぞゴルァ!」

とか

「意味わかんねー値で割ってんじゃねーぞゴルァ!」

ってキレてる状態です。

○び太君のテストの点数表で言うとこんな感じ。

エクセルでのエラーが出てくる図

◯び太君が0点とったり、テストを捨てたからキレてるわけではありません。

このままだと見た目が良くないだけではなく、エクセルさんが合計値を出してくれなくなる等、いろいろと不都合が出てきます。

これを解決する方法は2つあります。

①エクセルさんがキレてる原因を直接取り除く

②エクセルさんがキレてるのを受け流す

①ができればもちろんいいんですが、今回のように

「◯び太君が0点を取った」

「◯び太君がテストを捨てた」

という事実は変えられないので、原因が取り除けない場合もあります。

ということで、今回説明するのは②の受け流す方法です。

具体的な方法を解説していきますね!

 

エラーを消す方法

エラーを消す方法

具体的な方法としてはIFERRORという便利な関数があるので、これを使ってください。

最初に出した例で先に結論を言ってしまうと、こんな感じで入力します。

エクセルでIFERROR関数を使ってエラーを消している図

IFERROR関数の日本語訳

ここからは結論を詳しめに解説していきます。

エクセルの関数は日本語訳すると、とても理解しやすくなります。

今回のIFERROR関数を日本語訳すると、こんな感じです。

IFERROR関数の構造

もし①の結果がエラーじゃなかったらそのままを表示して、

もし①の結果がエラーだったら代わりにを表示してね。

今回の例の場合、の部分に割り算を入れて、に””(ダブルクォーテーション2つ)を入力してます。

(””(ダブルクォーテーション2つ)は「空白」を意味します)

IFERROR関数の入力例

コレを日本語訳すると、

もし割り算の結果がエラーじゃなかったらそのまま表示して、

もし割り算の結果がエラーだったら、空白にしてね。

となります。

こうすることで、割り算の結果としてエラーが出てくる国語と理科は、エラーの代わりに空白が出てくるようになります。

算数、英語、社会については割り算の結果がエラーではないので、そのまま計算結果が出てきます。

IFERROR関数の結果を解説している図

ちなみに、の「空白」の部分は自由に変更できます。

自分は「0(ゼロ)」をよく使いますが、お好みで好きなものを入れてください。

 

IFFERROR関数入力のコツ

ちょっとややこしい式なので、イチから打ち込んでいくと大体どこかで入力ミスします。

入力のコツとして、以下のように入力するのがオススメです。

①いきなりIFERRORを入力せず、の部分だけ先に入力する

IFERROR関数を入力する際に、先にメインとなる式を入力

②IFERROR関数をくっつける

IFERROR関数を入力する際に、メインとなる式にIFEEROR関数をくっつける

③オートフィルで下まで入力を伸ばす

オートフィルを使って下まで式を伸ばしている図

IFERROR関数はおまけみたいなもんなので、まずメインとなる割り算を入力してから、おまけをくっつけるという考え方です。

簡単な式なら一発で入力できますが、ややこしい式が絡んでくると大体ミスしますので、この方法がおすすめです。

おまけ(エラーの種類)

エクセルさんがキレるポイントは以下の7種類です。

#DIV/0! → 割り算のくせに0とか空白で割ってんぞゴルァ!

#N/A→計算とか処理の対象データがねーぞゴルァ!

#NAME?→関数のスペルミスってねーかゴルァ!

#NULL!→参照してる範囲が意味わかんねーぞゴルァ!

#NUM!→数値の指定が意味わかんねーぞゴルァ!

#REF!→意味わかんねーセルを参照してるぞゴルァ!

#VALUE!→関数の中で意味わかんねー入力してるぞゴルァ!

でも、基本的に覚えなくてもいいです。

IFERRORで受け流せばOKなので、雰囲気だけ知っといてください。

 

まとめ

まとめ

今回は

IFERROR関数を使ってエラーを受け流す方法

を紹介しました!

エラーが出てくるものを受け流したいときは、全ての場面で使うことができます。

エラーだらけの資料は見た目も使い勝手も良くないので、ぜひ今回の例でマスターしておいてください!

________________________________________

その他のエクセルを使った業務効率化について知りたい方はエクセルの目次へどうぞ。

(随時更新)<ショートカット>このブログのメインコンテンツ。覚えれば覚えるほど人生変わります。<エクセルにまつわるエトセトラ>エクセルにまつ...

************編集後記***************

VBAの勉強してるんですが、普通に手作業でできる事を知ってると習得スピードが違うなぁと感じます。

普段やってることをVBAで書くだけなので、すごく理解しやすい。

もちろん、VBAでなければできないこともたくさんありますが、もしVBAを勉強したい人は、手作業でできる事をある程度勉強しておくといいと思います。

*******************************

円形に切り抜いた自撮写真

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下手くそながらこんな感じでコツコツ記事を書いてます。
もしちょっとでも!ほんのちょっとでもあなたのお役に立てたなら!
あなたが参加しているSNSボタンでフォローお願い致します!

一人で小躍りしながら喜びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする